2017年12月16日

007 平和祈念公園→ひめゆりの塔

島南部をぐるっと回るR331沿いには
平和祈念公園とひめゆりの塔があります。

これまで、ニュースでは
たびたび見聞きしていますが
沖縄のどこにあるのかなんて
考えたこともありませんでした。

せっかくここまで来て、素通りはいけない。
でも、両方とも資料館などをじっくり見れば
1時間は掛かるかと思われ、それは難しい。

ということで、バイクを止めて入口まで行き
その空気だけ感じてきました。

大相撲の力士達が、同じ日
ここを訪れていたと後で知りましたが
白鵬がニュースになっていた平和の礎へも
行きませんでした。

でも、ちょこっとでも
立ち寄れて良かったです。
こんなに穏やかでのんびりしたところが
悲劇の場所だとは。

この翌日に行く首里城もそうですが
沖縄は戦争を抜きには語れないのですね。
posted by chanmiyu at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

006 おきなわワールド

一人ですし、いかにも〜なテーマパークは
避けようと思っていたのですが
ここにある東洋一の(だったかな)
鍾乳洞の洞窟、玉泉洞をお目当てに
「おきなわワールド」へ。

ここのお向かいには知人オススメの
「ガンガラーの谷」がありますが
こちらは案内ガイドを予約しなければならず
時間の読めないバイクでは難しく、残念でした。

さて、玉泉洞です。

第一歩を踏み出した時は
初めて見る本物の鍾乳洞に
ただただ圧倒されました。

川口浩気分(^w^)

が、この洞窟はとても長く、半ばからは
すっかり慣れてしまっている自分。オソロシイ。

そして、ここも中韓ラッシュです。
洞窟内では、香港からの家族連れの
写真撮影をお手伝いして差し上げました。

ところで、「おきなわワールド」では
いくつも感心させられるポイントがありました。

まずは、スタッフの外国人への対応力。

美ら海水族館でもあった写真撮影が
ここでも行われており、入場時に
写真の説明(小さいのはただでもらえる)や
何人グループなのか等を聞かれます。

私の後ろが韓国人の団体で
思わず通訳仕掛かったのですが
そんなことは無用でした。

2つ目は、洞窟を出た後の順路です。

洞窟が長い分、出口から戻るには
かなりの距離を歩くことになり
その際の順路で、売店各所を通ります。

通路沿いに店がある、なんてものではなく
お店の売り場を通らないとダメ。
いや、いいと思います。

そして最後は、スーパーエイサーのステージです。

1日に何度か行われており
入場者は特別な料金や申し込み無しに
広場の劇場で見ることが出来ます。

スーパーエイサーってどんなだろ
時間が合えば見ようかな
くらいに思っていたのですが・・・

素晴らしいです。
出演者一人ひとり、全く妥協のない
120%のパフォーマンス。

女性は紅型の衣装も美しく
男性は力強く最高に格好いい。

会場の席は超満員で、最初後方に座って
全然見えなかったので
途中から立って、脇から見ました。

途中、解説も入りますが
パフォーマンスは見ればわかります。

実際、シャイな日本人よりも
大陸のお客さんの方がノリノリでしたし
ソウルで見た「ナンタ」や釜山の「ジャンプ」
に通じるものがありました。

ホントに良かったです。

「おきなわワールド」というネーミングで
私のようにひねくれ者は
敬遠するかもしれません。

名称変更しないのかな・・・なんて
大きなお世話ですね。
posted by chanmiyu at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

005 ニライカナイ橋→中本てんぷら店

那覇を出た時は設定がうまく出来なかったナビ。

何とか、Bluetoothのイヤホンで
運転しながら音声を聞けるようにし
南城市物産館を出発。

ニライカナイ橋は、そこからすぐです。

カーブや勾配のためか、まるで
空に向かって橋が伸びているよう・・・

交通量も少なく、快適でした。
運転中は写真を撮れないのが
ここだけでなく、ホントに残念でした。

島の南の海岸線から橋で結ばれている奥武島。
その入口に「中本てんぷら店」があります。

今回は、食べ物に関しては
余り期待もせずにいたのですが
唯一、出発前に店を調べたのがここでした。


時間的にお昼頃になるので
この辺りは何がある?と検索・・・

すると、モズクなど現地の山海の幸のてんぷらが
なんと65円!から、というではありませんか。

行くと、ここでも日本人と外国人の比率が半々、
のみならず、人と猫の比率も結構キテます。

野良とのことですが
すっかり居ついているのが白黒各1匹ずついて
てんぷら食べていると、図々しくも
手提げバッグに脚を入れてきたり
あろう事か膝の上にまで乗って来る始末。

可愛いけど野良ですから、
食べている最中は撫で撫でしない方がベター。

優しく、そっと足蹴にしました(^^;

お向かいの中国人のお兄さんも
何度と無く追い払っては寄ってくる白猫に苦笑い。

肝心のお味は・・・
美しい景色と心地良い海風は何よりのスパイス、
ってところで。

てんぷらの他には、沖縄のいなり寿司と
名前忘れちゃったのですが
ナントカ、という餅状のものがあり
私はナントカ(300円)を購入。

(実は今、機上なので検索も出来ず。
帰宅後に調べて追記します)

これは美味しかったです。
私好みの、甘さ控え目モチモチ食感。

結構お腹にこたえて、半分だけこの日の夕食とし
残りはお土産に持ち帰り。後のお楽しみ(*^-^*)

ただ今、15時30分。
そろそろ飛行機は着陸体制のようです。

帰路は終始雲に覆われて
景色は全く見えず・・・

そのお陰で、ここまで書けました。
posted by chanmiyu at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

004 斎場御嶽

このタイトル「せーふぁうたき」と読むそうです。
「御」は「う」になるらしいことを、
今回学習しました。

どんなところなのか、
詳細気になる方は検査してください(^^;
沖縄の世界遺産のひとつです。

石で歩道を作ってはいるものの
足元の良くない山道を少し歩くと
ただの草木や岩とは趣の異なる空間が現れます。

今秋バスツアーで行った
千葉・鋸山とも何となく雰囲気の似たような・・・
(一緒にしては怒られるかもしれませんが)

どちらも、岩が見どころですね。

チケット売り場&駐車場になっている
南城市物産館から現地に向かうまでの道沿いでは
土産物や冷たい飲み物等の売店が
何軒か並んでいるのですが
手作りの工芸品を売っているお兄さん、
韓国人の旅行者に韓国語で説明してる!

何通りかの決まった会話のみ
カタカナで覚えたのかな、
という感じではありましたが
ちゃんと言葉に意味を感じられるレベルです。

そして多分、お兄さんは相手が中国人でも
同様に対応していることでしょう。

更に同じことを、その後に行った
「おきなわワールド」のスタッフにも感じました。

中韓の観光客が特に多い沖縄ならではの
質の高い「お・も・て・な・し」を見た気分です。

駐輪している南城市物産館を通りすぎ
その奥にある知念岬公園へも
ちょこっと足を伸ばしました。

青い海にパラグライダーが映える。

塩ミルクジェラートも美味しく
冬の沖縄、いいシーズンです。
posted by chanmiyu at 17:03| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

003 初めてのレンタルバイク

15日(木)、沖縄の中日。
この日はバイクをレンタルして
島南部を回りました。

ちなみにバイクは、いつも乗っているのと
同じ車種のひとつ古い型
=去年まで乗っていたピンクの色違い。

初めて走る土地はドキドキなので
せめてマシンには気を遣わなくても良いようにと
同じホンダ車でレンタルを探した結果、
たまたま車種まで同じものに出来た訳ですが
結果的には、本当に良かったです。

出発前は十分に道順を調べることが出来ず
簡単な地図をプリントアウトしただけ。

後は当日、Googleマップのナビを使えばいいか
〜そもそも、ほとんど道なりで良いはずで
迷うことは無いだろー、と
軽く考えていたのが運の尽き。

何をどう間違えたのか、知らないうちに
見えるはずの無い海が見えてきたり
サトウキビ畑の中を走っていたり・・・( ̄□ ̄;)

敗因は多分、ナビからの指示に
即、従ってしまったこと。

「右折です」とか言われると
次の瞬間には曲がれてしまうのが原付きです。

えー、こんな小路を行くの?と思いつつも
自分の感覚よりナビの言うことを
聞いてしまったのが行けなかった。

「自分を信じる」
今回の旅のキーワードかもしれません。

ま、道に迷って遠回りするのも
それはそれで楽しい思い出ではありますけど
できれば暗くなる前には戻りたい。

更に、東京でも割と良くありますが
空港近くには自動車専用道路があり
原付は要注意なのです。

そんな訳で、料金だけで選べば
もっと安いバイクもありましたが
慣れている車種にしてホントに良かったと
思ったのでありました。ハイ。
posted by chanmiyu at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田着

成田に着きました。

アナウンスでは14度だそうで
それほど寒くなくて助かりました。

この間、ご連絡をお待ち下さっていた方には
スミマセンでした。

帰れば、年末の東京で現実が待っていますが
家に着くまでは、しばしブログで振り返り・・・

帰りの搭乗時も、爆笑ネタあり。

では、後ほど!
posted by chanmiyu at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

間もなく帰りの飛行機です。
おいおい、昨日今日のまとめを・・・

さようなら、沖縄!
posted by chanmiyu at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詳細、明日に!

本日は、沖縄南部をレンタカーならぬ
レンタルバイクで回りました。

バイク店〜 斎場御嶽〜ニライカナイ橋
〜奥武島・中本てんぷら店〜おきなわワールド
〜平和祈念公園〜ひめゆりの塔
〜道の駅いとまん〜バイク店

イロイロ、ネタいっぱい(*^-^*)
しかし、眠くて・・・

明日に!
posted by chanmiyu at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

002 美ら海水族館

IMG_20171214_162538.jpgIMG_20171214_165613.jpgIMG_20171214_171309.jpgIMG_20171214_210230.jpg美ら海水族館へは

半日バスツアーを利用しました。


島南部の空港から北部の本部町まで

島の3/4程も移動するのに

高速に乗ってしまえば2時間で到着。


実は明日、南部を回るので

時間や距離を計算してみたら

案外、早く回れちゃうことに驚きでした。


うーん、まだまだ北海道の尺度から脱せない。


さて、水族館は16時からの入場で

イルカショーなどは見られず。


でも、入場口でやっているた無料の写真撮影では

何だか分からないポーズでしっかりおさまり

お触り?できるコーナーでは

気持ち悪いと騒ぎつつもヒトデとナマコにタッチ。


ヒトデはゴムっぽく、ナマコは柔らか過ぎて

ほとんど悲鳴をあげそうになった(゚∀゚)アヒャ


そして、メインのジンベイザメ・・・


到着時は汗かく程でしたが

暗くなるとちょっぴり冬らしい肌寒さ。


だからか、ホテルのすぐそばにあった

「トムヤムクンそば」なるメニューに引かれて

21時過ぎなのにたらふくでした・・・
posted by chanmiyu at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

001 自宅→成田→那覇

IMG_20171214_140546.jpg家を出て2時間半、やっぱり成田は遠い・・・

日暮里駅が余りに寒くて
思わずブログにこぼしてしまいましたが
その後の京成車内も、扉が開閉する度にぶるぶる。

でも、一番寒かったのは搭乗時。
ただでさえ外れの第3ターミナルから
バスで10分弱も移動した吹きっさらしの滑走路は
体感、優に氷点下でした。

「本日は手荷物検査場混雑により
後続バスの到着が遅れています」とのことで
定刻より20分程遅れての成田発。

座席指定は有料のLCC。
運に任せて取れた席は、向かって右側の窓側
快晴の空からは、富士山はもちろんのこと
房総半島や伊豆の島々の形がクッキリ!

オフライン地図アプリ、入れておいて良かった。
ああ、こんな時に寝ている人、モッタイナイです。

子供のように、窓におでこくっつけて
しばし魅入りました。

この景色見られただけでも
飛行機に乗って良かった。

浜松辺りから雲が多くなり
海岸線を確認することが出来なくなってしまい
こうしてここまでの流れをまとめております・・・

着きました!

那覇の気温は19度。
思ったほど気温は高くありませんが
極寒の関東とは別世界。暑い(;´д`)

ダウンベストをしまったら
いざ、美ら海水族館へ!!

★写真は、沖縄での最初の食事。うめぇ!
posted by chanmiyu at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする