2020年08月01日

「すいかの名産地」

8月になり、関東もようやく梅雨明けとなりました。

とはいえ、今朝も一雨あり気温もそこそこ。
夏休み返上で勉強する子ども・学生にはいいのかも。


ここ2、3日、開け放った窓から
ピアニカの音色が聞こえてきます。

小学生が一生懸命練習してる様子が
音色から目に浮かび、思わず笑顔に。

その子の十八番?は「すいかの名産地」。

日本で育った人なら
きっと一度は聞いたことがあるあの名曲です。

ピアニカなので単音のメロディー、
しかも、つっかえながらなので
原曲を知らないとどんな曲なのか
聞いても分からない感じだと思うのですが
そこで思いました。

これ、字幕に出てきて訳出が必要ならどうしよう。

歌詞がなければ直接の訳出はないでしょうけれど
そのメロディーを分かってないと
展開の理解に支障がある、というシチュエーションは
いくらでもありえます。

歌詞があるものは、歌詞で検索するとヒットしてくれます。
そして、探し当てた詞から該当部分を訳し
「申し送り」として曲名と原語歌詞を添えたりします。

でも、歌詞がなければ探しようがない。

こんな時、ネイティブの協力者がいないと
本当に困っちゃうなー、と思うのです。


「すいかの名産地」
posted by chanmiyu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映像字幕翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする