2019年12月21日

女子力

近年生まれた言葉ですが、言い得て妙というか
しっくりくるのが「女子力」。

「女らしい」とは違う
同性から見ても嫌味のない素敵な能力ですが
最近、やりとりをした人の中で
そんな女子力を感じる人が3人います。

人としてのタイプはバラバラですが
女子力を感じるポイントは皆、同じ。

まずは、字が上手。

達筆ではないけれど
とても丁寧で美しい文字を書きます。

きっと彼女らの辞書には
「殴り書き」という文字はないのでしょう。

そして、さりげないひと手間。

美しい文字が書いてある紙を見ると
季節にちなんだイラストが小さく添えられてたり
シールが貼ってあったり
また、その紙自体もただのメモ紙じゃなくて
ステーショナリーと呼ぶにふさわしい
上質でセンスの良い物です。

そう言えばステーショナリーって
単に「文房具」という意味以上の上質感があるな
と感じていたのですが
そんな心情を見事に説明しているサイト発見。


その中でも、この一節。

まちがっても安っちい名入れボールペン
(会社名が入っているようなもの)に向かって
ステーショナリー」という言葉を用いることはない

あはは、私は会社名が入ってないペンの方が少ないわ。
メモ帳だって貰い物、人に渡すものでも裏紙当たり前。

そんなことを、送られてきた郵便や
手書きで渡されたメールアドレスやらから感じています。

総合すると、女子力とは・・・

・丁寧なこと
・気を抜かないこと
・主張しすぎないこと
・ほんの少し時間とお金をかけること

辺りじゃないかな、と思います。

どうりで、私にはどれも欠けてる。
posted by chanmiyu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映像字幕翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする