2017年06月14日

木耳

前世は飢え死にしたのでは、と思うほど
私は食べ物を残すことに抵抗があります。

なので、好き嫌いはほとんどありません。
・・・ウソ。

もちろん好きなものも嫌いなものもあります。
他人に比べれば何でもよく食べる、という程かな。

多少苦手なものでも、残すことはまずないし
日々の買い物では自分の好みよりも
旬のもの、値段の安いものが優先されます。

苦手なもの――

ゲテモノ系。
ま、これは日常的ではないし
誰もが好むものでもないので問題なし。

臓物系。
ひところ流行ったもつ鍋などは
場にあれば味見くらいするかな。
焼肉のホルモンも、食べれば美味しいと思うけど
見た目が先立ち、積極的には手を出さない(^^;;

この2つが、人に聞かれたら答える私の苦手なもの。

で、ここからは、何となく思ってはいたけど
自分でもハッキリとは認識していなかった苦手です。

それは、コリコリ系。
その食感を好む人が多いと思いますが
軟骨やクラゲ、ナマコなどは・・・(-_-;)
(どれも大雑把に言えばゲテモノ・臓物系でもある)

クラゲと言えば、キクラゲもイマイチです。
あんかけに黒い物が見えると、ちょっと避けちゃう。
漢字で書けば「木耳」。木の耳って、何よ!


先日、野菜の安いドンキで、キクラゲがなんと50円!
惹かれないコリコリ系ではありますが
その安さと、乾燥ではない生のキクラゲに
好奇心を刺激されました。

触感は、コリコリというよりプルプル。
気持ちい〜(*'ω'*)

「嫌いなものでも自分で調理すると食べられる」
というのは、大昔、ほんの一時うっかり勤めた
中学校の家庭科の授業で実証済みです。
(人参嫌いな子がグラッセを食べた!)

このキクラゲも、刻んで野菜炒めに入れたら
美味しく食べられました。
乾燥の真っ黒キクラゲとは別物ですね。

安物買いは、好き嫌いを克服するのです('ω')ノ
posted by chanmiyu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | オフ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする