2017年06月08日

完全初見

昨夜は最後まで観戦しましたが、残念でした。
惜しかったなー。

さて今日は、お昼に短いお仕事でした。

ナレーションの場合、原稿を渡されるタイミングは
その時々で幾つかパターンがあります。

事前に下読みが出来るよう前日までにもらえる場合と
現場に到着してから渡される場合。

現場渡しの場合は、状況により
下読みの時間を取ってもらえる場合もありますし
時間は特に取らないけれど
サーっと目を通す時間がある場合があります。

しかし、時には
有無を言わさず??収録に入ることも少なくなく・・・

そんな時は、原稿をめくって初めて目に入る文字を
読まなければなりません。
そんな状況を、私は「完全初見(;゚Д゚)」と呼んでいます。

なんてことない文章も、完全初見は結構プレッシャー。
で、今日も完全初見だったのですが・・・

普段使わない特殊用語?連発Σ( ̄ロ ̄lll)
こんな単語、見たことあるけど声に出したことはないわ〜
ってな感じで、冷や汗ものの30分超でした。

ま、今日のは余りに特殊なので
たとえ読めなくても責められることはありませんが
スラスラ読めないのは何とも申し訳なく思いますし
自分としても不満が残ります。

逆に、事前に原稿を渡されていると
スムーズにできて当然なので、それはそれでプレッシャーだし
忙しい時には下読みの時間を取るのが大変だったりするので
必ずしも現場渡しがイヤな訳ではないのですけどね。

この辺り、録音じゃなくて生放送がいい、というのと
ちょっと感覚が似ているかもしれません。

声優になりたいという若い子に
たまに話を求められることがありますが
まずは「やめとけ」と言います。

そして、それでも・どうしても、という子には
学校の勉強、特に国語をしっかりやりなさい、と言います。

自分が良く出来る訳では決してありませんが
声優アイドル志望の子に、今日のような現場を見せて
厳しさというか、難しさというか、もろもろ
思い知るがいい!と思うのでありますよ。

意地悪だから('◇')ゞ
posted by chanmiyu at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | 仕事→GH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする