2017年05月13日

基準点

1日、雨でした。
それほど気温が低い訳でもないのに
昨日が暑かったので足元が寒いです。

これまでにも機会あるたびに
書いたり、言ったりしていることですが
最近また、そうだなーと強く感じていることがあります。

それは、自分の社会的な、主に仕事面での基本は
STVにあるな、ということ。

STVというのは、札幌テレビ放送。
私が初めて声の仕事をすることになった場所です。
(現在はラジオ・テレビは別会社)

ラジオ局の看板娘的な存在である
ラジオカー<ランラン号>キャスタードライバー募集の
新聞記事を母が見つけて応募したのが始まりでした。

きちんと喋ること=アナウンサー的な要素は
その前の1年ほど、アナウンスアカデミーに通ったくらいで
実際のランラン号の仕事ではそれほど問われず。

でも、レポートするネタを見つけ、取材をし
生放送に間に合うよう手早く文章にまとめるまでの作業は
2年間でみっちりと教えられました。

・取材したネタは全て使おうなんて思わない。3割使えれば上々
・対象は弱者(お年寄りや子ども)を念頭に置く
・話は具体的に、できれば固有名詞を出して
・自分で評価しない。描写することでリスナーに感じさせる
・レポートにはタイトルをつける
・文章は短く
などなど。

当時はこなすことで精一杯で
これが将来役に立つなど思ってもみませんでしたが
今となっては何をするにも、この2年が基準です。

ちなみに、喋る方はアナウンスアカデミーを底辺に
上京後も含めて現場で適応していった・・・のかな。

短期間行った養成所でないことは、確かです(^^;;

何かに向かう時、ふと思います。
こんな風に、自分には「根」があると信じて。
posted by chanmiyu at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | オフ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする