2017年02月15日

史劇どころでは

韓国ドラマ(史劇)通としては
権力争いの末に身内を暗殺、なんてのは
珍しくもありません。

朝鮮王朝時代以降に限っても
3代太宗、7代世祖、15代光海君辺りは
凄惨な身内の粛清が多くのドラマになっています。

まぁドラマですから
どこまでが脚色でどこまでが事実なのか分かりませんし
暴挙に走る前には一瞬、善人の心が垣間見えて
逡巡する場面が描かれているものもありますが・・・

まさか21世紀の世に
朝鮮時代のドラマと同じことが現実に起こるとは。

しかも、弟が兄の殺害を指示するだけでなく
実行犯も即座に始末、というのが恐ろしい。


日本に生まれて良かった。
さもなければ。こんなことブログに書こうものなら。
posted by chanmiyu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | GHバイトday | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする